女の人

症状から大腸がんに気づく│定期健診が悪化を防ぐ

特定のがんを攻撃する療法

病棟

免疫システムを応用

人間の体内には異物を監視し排除する免疫システムが備わっています。監視の対象はウイルスや細菌、がん細胞などで、このがん細胞を監視し排除するというシステムを応用した「免疫療法」が新しいがん治療法として近年注目され、実際によく行われるようになってきています。免疫療法は1970年代から研究されるようになったがん治療法で、最近は特定のがん細胞のみをターゲットにするという第4世代の免疫療法が盛んに行われています。第4世代の免疫療法で代表的なのは免疫システムの中で司令官の役割を担っている樹状細胞を利用した樹状細胞療法です。実際に異物を攻撃するのはリンパ球ですが、樹状細胞はリンパ球に異物の特徴を伝えるという役割を果たしており、この働きをがん治療に応用したのが樹状細胞療法です。

生活の質が落ちません

実際の樹状細胞療法ではまず患者の血液から樹状細胞を取り出します。取り出した樹状細胞にターゲットとするがん細胞の目印を記憶させてから患者の体内に戻します。樹状細胞から目印を伝えられたリンパ球が特定のがん細胞を攻撃するという仕組みです。免疫療法全般に言えることですが、使用するのは患者の体内にある樹状細胞なので副作用が少ないという特長を持っています。そのため生活の質を落とすことなく治療を受けることができます。樹状細胞療法を始めとした免疫療法は保険が適用されない自由診療です。樹状細胞療法の費用の目安は6回程度の投与を行う1セットで200万円前後です。次のセットを行うかどうかは1セット終了した時点で体調などを考慮して決定します。