女の人

症状から大腸がんに気づく│定期健診が悪化を防ぐ

注意点と理由

病室

アメリカではすでに立派な治療法として認可されている免疫亨療法ですが、免疫療法が未だ世間には浸透していない日本では色々と注意点が存在します。まず、免疫療法は現在、日本では保険適用外の治療法とされています。免疫療法の効果はまだ立証できるほどの臨床データがそろっていないのがその理由ですが、治療費は患者側の全額負担になります。現在の相場は1クールの治療に100万円前後かかり、効果が出るまでの治療となると数百万円必要になります。免疫療法は患者の経済的に大きな出費となるのが現状です。なので、医師や家族、患者本人としっかり話し合いを行なった上で治療法を決定しましょう。

癌の治療で離床され、友好とされている方法は外科手術、化学療法、放射線療法の3種類ですが、この3つには大きな問題点がありました。それは少なからず患者にとって負担になるという点です。外科集術は組織そのものを切り取る為速効性はありますが、場合によってはがんを発症した臓器全部を取り除く場合があります。化学療法と放射線療法は癌細胞だけではなく、正常な細胞も同時に攻撃するため、治療による副作用が必ず発生します。これに対して、現在盛んに研究がおこなわれている免疫療法は従来の方法とは違い、本来体内にある能力を利用した治療方法です。その為免疫療法は治療によって患者が受ける副作用が皆無と言ってよいほど少なく、あらゆるがん患者に有効な事、免疫細胞が長期にわたり身体に残る為、転移や再発に対しても有効な事から大いに注目されています。