男の人

症状から大腸がんに気づく│定期健診が悪化を防ぐ

注意点と理由

病室

免疫療法はまだ日本では認可されておらず、全額負担となる為、患者の経済的に大きな負担となります。なので、家族ともしっかり話合いを行ないましょう。免疫療法は従来の治療法と違い副作用がほぼなく、転移や再発に対しても有効な画期的な治療法です。

Read

予防が大切

医師と患者

将来的には日本人のがん患者の中で最も患者数が多くなると考えられているのは大腸がんです。その為、大腸がんを予防するという事は日本人全体が考えなくてはいけない事だと言っても過言ではありません。大腸がんは消化器官なので、食物が病気の発生と大きく関連しています。食物の中で最も危険因子とされているのはお肉です。ただし、鶏肉や魚の肉などの脂肪分の少ない肉は安全です。必要摂取量以上のお肉を食べないようにするのは予防にとても大切な事です。反対に予防に最も有効なのは野菜を積極的に摂取することです。野菜が予防に役立つ要因として最も大きいのは食物繊維です。食物繊維によって腸内が活性化され、体内に長期にわたって便が残留するのを防いでくれます。

現在、私たち日本人が発症してしまうがんの中でも急増傾向にあるがんの一つが大腸がんです。女性に限定するとがん患者の中でも最も多いがんが大腸がんになっています。これほどまでに大腸がんの患者が増加した要因は大腸がんが比較的高齢者になってから発症する場合が多い為です。改めて言うまでもなく、現在の日本は高齢化社会の一途をたどっています。その為高齢者の増加に伴って大腸がんを発症する人が増加しているのです。大腸がんの大きな特徴としては初期症状が分かりにくいがんという特徴があります。比較的初期に出る症状としては腹痛やお腹の張り、下痢などがありますが、これらはごく一般的な軽い病気でも引き起こされる症状のため、つい見過ごしてしまう場合が多いです。そのため、定期健診を行ない、早期発見出来るような体制づくりを行なっておきましょう。

特定のがんを攻撃する療法

病棟

人間の体内に備わっている免疫システムを応用した免疫療法が新しいがん治療法として注目されています。特定のがん細胞をターゲットにする第4世代の免疫療法の中では樹状細胞療法が代表的です。樹状細胞にがん細胞の目印を教え、その目印がリンパ球に伝えられることで特定のがん細胞を攻撃するという方法です。

Read

血液をきれいにする治療

院内

世田谷区内には透析治療を受けられる病院やクリニックが20件以上あります。除水量が多すぎると血圧低下につながるので、日頃の体重管理ノウハウを担当医などに教えてもらうといいでしょう。施設内ではダイアライザーが血液をきれいにしてくれます。世田谷区は合併症にも対応できる連携医療機関が多い安心感もあります。

Read